ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

殺害女性の死因は失血と窒息20日19:40

きのう午前、青森市北金沢2丁目の店舗兼住宅の1階で住人の小山和子さんが死亡していた事件。小山さんは首にスカーフを巻かれ、腹から血を流して仰向けの状態で見つかりましたが、司法解剖の結果、死因は胸と腹を刺されたことによる失血と首を絞められたことによる窒息によるもので、死亡推定時刻は15日から16日と見られています。警察によりますと首には圧迫された跡、腹と胸には複数の刺し傷があったことから、強い殺意があったとみられています。また、商店街の構造に詳しい者の犯行との見方も出ています。これまでの捜査で、小山さんの店舗兼住宅の勝手口には鍵がかかっていなかったことが分かっていますが、勝手口へは隣の建物との間にある扉を開け、狭い通路を通る必要があるといいます。一方、小山さんは事件前、窓から店の中を覗く不審な人物がいると周囲に打ち明けていたことも取材で判明。小山さんの周辺を何者かが下見していた可能性も否定できません。現場からおよそ100メートルの住宅では今月12日、1人で暮らす菊地のり子さんが首を圧迫されて死亡しているのが見つかっていますが依然、関連性は分かっておらず、近くの小学校では保護者が登下校に付き添うなど不安が広がっています。

わっち!!

ページトップに戻る