ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

放送番組の種別

2018年4月〜2018年9月 放送番組の種別報告

PDFファイルを閲覧するには、「AddobeR ReaderR」が必要です。
最新バージョンはコチラからダウンロードすることが出来ます。

番組審議会

審 議 員
(10名)
委員長 ・橋本 都
副委員長 ・木村 和彦
委  員 ・井沢 厚・岡本 潤子・菊池 幹・齋藤 光春
・福士 大二・蒔苗 正子・三上 知見
(あいうえお順)
開催日    8月、12月を除く毎月第4火曜日
場 所    青森テレビ 本社会議室
第34期451回青森テレビ放送番組審議会
開催日時 平成31年2月26日(火)
場  所 青森テレビ 本社会議室

審 議 内 容

第34期第451回青森テレビ放送番組審議会は、2019年2月26日(火)本社会議室で開催されました。

●議案審議
(1)3月放送の特別番組について
(2)視聴番組の合評
・番 組 名  「未来農業あおもり〜スマート農業最前線」
・放 送 日  2019年1月3日(木)15:00〜15:54
(3)その他

今回審議頂いた番組は、2019年1月3日に放送した「未来農業あおもり〜スマート農業最前線」です。


視聴のあと、各審議委員からは次のような質問、意見、感想などが出されました。


※第一次産業の未来を語るときは、暗いイメージが先行しがちだが、将来性があり、希望を持たせてくれる内容だった。


※面白く、インパクトがあった。若い人の就農のきっかけになれば、という作り手の思いが伝わった。無人トラクターの価格、スマート農業の初期投資についての情報がもっと欲しい。


※タクロンさんの農業経営理念、農業に対する思いを強く感じた。米の生産のみの内容だったが、流通にのせるまでを追ってほしい。耕作面積が多く必要で初期投資が多額になると思うと、個人では手が出ない。


※タクロンが素人にも分かりやすく話してくれているのが良かった。番組をどれだけ多くの若い人が視聴したのか、高校生にとってどれだけ参考になったのかを知りたい。


※若い人に夢を与え、将来の農業を見たように感じ、大変勉強になった。スマート農業は米や野菜では進んでいるけど、りんご、漁業などではどうなのか気になる。


※番組構成がよい。農業のイメージが変わり、期待感がもてる。オプティムという佐賀大学と連携しながら、スマート農業を研究している会社について、もっと解説してほしい。


※資料映像も入り、分かりやすく、若い人へ視野の広がる番組。ドローンの導入など、県内でも既に取り組んでいる農家についても触れて欲しかった。


☆今回の番組審議会の模様は、2019年3月9日(土)09:25〜09:30「番組審議会からの報告」の中で概要を放送。

☆次回の番組審議会は平成31年3月26日(火)の予定

ページトップに戻る